社風

チームプレーを大切にし、全社として最適な人材をご紹介することをモットーにしています。

職場環境

東京メトロ 溜池山王駅を出てすぐの便利なところです。

オフィスは東京都港区赤坂1丁目。地下鉄の駅が密集したアクセスもしやすいエリアで、昼休みを利用して面談にやってくるプロフェッショナルにも便利なロケーションです。

面談ルームを併設したオフィス内は、スタッフ全員が机を並べて一つの島をつくるスタイルで、風通しのいい社風をそのまま表しています。
 

職場の雰囲気

ジョブマーケットの動向を注視し、常に情報をブラッシュアップし続けるアカデミックな雰囲気です。

当社の創業メンバーのほとんどは金融機関出身者。在籍していた会社はそれぞれ違いますが、全員が勤めていた会社や金融業界に対して愛情を感じつつも、「もっと組織や戦略が変わらなければ時代に取り残される」 という問題意識を持っていました。考えたのは 「今の会社にいたままでは体質は変えられない」 ということ。そして 「組織を変える一番効果的な方法は人を変えること。コトラならそれができる」という結論に達したのです。

金融機関だけではなく、コンサルティングファームや、事業会社の経営幹部ポジションのサーチを受けるようになってから、その姿勢は一段と強くなりました。クライアントのニーズを多層的に把握するために常に情報のブラッシュアップを心がけ、キャンディデートのスキルや経験を正確に理解するために、担当分野の最新知識を吸収する姿勢に満ち溢れています。
 

大切にしている事

プロフェッショナルに頼りにされる “親友のような立場” で語り合う。

私たちの役割は、プロフェッショナルとクライアント企業の間に立ち、人材の紹介を行っていくことです。

しかし、 「紹介の成立」 というビジネス面での (つまり、当社の収益につながる) ゴールばかりを意識したコンサルティングでは、私たちが目指している 「登録者にも企業側にもベストな選択をしていただく」という結果にはつながりません。 さらに悪いことに、 このようなコンサルティングは 「企業に売られていく感覚」を登録者に与えがちであり、信頼関係は生まれません。

大切なのは、 登録者のためになるキャリアステップを追い求めていく姿勢。 いわばそれは、損得勘定抜きで相談に乗る 「親友のような立場」 になることを意味しています。 そういった関係になることで、本人が希望しているポジションと現在のスキルとのギャップを本音で指摘しても、逆に「自分のためを思ってのアドバイスだ」 とプラスイメージで受け止めてもらえます。

数々のハードルを乗り越え、登録者にとってベストな転職ができたとき、ともにゴールに辿り着いた喜びも分かち合え、ビジネスとしても成り立つ。 クライアント、登録者、そして私たち、この3者がハッピーになるためにも、金融スペシャリストに頼りにされる 「親友のような関係」 を築くことは、 この仕事でもっとも大切なことだと言えます。